PROFILE
名前
仕事:注染で手ぬぐいを染めてます。天然染料のみ使用。
http://www.shigusa.net/
ツイッター始めました。
(お気軽にフォローどうぞ)
http://twitter.com/shigusa_sadoo
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    sadoo (10/08)
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    アマガイ (08/04)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    さど (04/25)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    岡本 憲典 (10/03)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    さど (09/10)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    せどぅ (09/07)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    仕草 さど (07/09)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    みやじま (07/09)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    sadoo (03/05)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    ゆうき (03/03)
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
OTHERS

は ん 農 は ん 染

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
仕草の手ぬぐい紹介 -梅-
手ぬぐい紹介です。




染料:インド茜、蘇芳、玉葱
サイズ:約35×95
素材:綿100%

春の新作柄で、松竹梅のおめでたい手ぬぐいを染めました。梅の花と鶴が舞う華やかな柄です。いきおいのある感じ。茜だけの赤とは少し違うスオウをまぜた明るい赤で染めあげてみました。梅の花は黄色でぼかしてあります。

パソコンの画面では植物染料の風合いまで伝わるか分かりませんが、こんな注染、手ぬぐいもあることをご紹介させて頂けたらと思います。


小屋長 さどぅ
| 注染手ぬぐい | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
日々の注染
仕草のHPに掲載した「日々の注染」をブログでも。



[09.12.8]
日本らしいものづくり。
自分らしいものづくりってなんだろう。





糊を引いて、ヤカン(ジョウロみたいなやつ)で染料をジャーっとかけて、足ではペダルを踏み。ていねいに手ぬぐいを染めています。長野はもうすっかり冬というかんじ。毎朝しっかり霜が降りて水面には凍りが張ります。移住して初めての冬。長野1年生なので不安なこともありますが、ものづくりに精をだしてます。


[09.12.9]
珈琲豆で染めました。





写真左から、ヘラで糊をひいてる様子。型をあげると模様が防染されています。今日は暗くなる時間まで染色作業をしていたため、最後に染めた2反は室内で乾燥させました。(夜間に外干しするとカチカチに凍ってしまうのです;)珈琲豆で珈琲柄を染めるというちょっと粋な手ぬぐいです。近日netショップの方にもアップしますので宜しくお願いします。


[09.12.10]
染色に必要なもの





今日は草木染めに必要な媒染剤と手ぬぐいの型染めに使う真糊(もち粉と小紋糠を炊いたもの)を作りました。真糊の作り方はお家注染のページに掲載しました。右の写真は庭で伸びた松を剪定してるところです。。朝日をさえぎっていたのでスッキリカット。


[09.12.14]
温泉手ぬぐい





新しい手ぬぐいの型紙です。村にある温泉のネーム入り手ぬぐいを制作させてもらっています。小さな村ですが滝がいくつもあって見所になっていることから温泉の名前は「滝見の湯」といいます。


[09.12.15]
温泉手ぬぐい2





netショップにも載せてある「お里」柄の手ぬぐい(写真真ん中)、この手ぬぐい実は僕らの移り住んだ村の景色をモチーフにしています。この柄に「南相木村」と村名を入れたバージョンがあり、これも村の温泉におかせてもらっています。昨日と今日で3柄、糊付けをしました。大切な型紙なのできれいに洗って乾燥させます。(写真右)以前も紹介した媒染剤の作り方を「お家注染」のページに載せました。(写真左)
| 注染手ぬぐい | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
染色テントができました − アースガーデン夏2009
田舎の住空間の中にやっとモノづくりスペースが確保されました☆
昔、出店用に使っていた2900円のボロテントを簡易小屋として庭に注染設備をもってくる。


糊たき


型染めに使う防染糊をたいてる様子。(糠と餅粉を炊き合わせます)裏に見えてる左側が注染台(染めるところ)、右側が板場(型を使って糊を伏せるところ)です♪

アースガーデン夏に向けて新作づくりにと急いで設置した割には意外と機能してくれてびっくり。。


紺屋


注染台の上に置いた生地にジョウロのような「ヤカン」を使って染料をかけて染めます。冷静に観ると珍妙で結構、横着な染め方だなぁなんて思います。


新作 - やまぶき


藍とミロバランというクチナシの花のような植物で染めた新柄「やまぶき」
下は出店風景。軽自動車の屋根に竹テントを積み荷物満載で訪れた代々木ぱーく!!


アースガーデン夏 2009


いつものコトだけどイベント前にバッタバッタして新作5作品を加え出店してきました。実に1年半ぶりくらいの新作です。。移住やなんやで全然染色できなかったのですが、ようやく落ち着いてきたので染めに精進してゆこうと思います。

代々木でもたくさんの作家さんに再会したり出合ったり、五感にびしびし刺激を頂いたので長野にちゃんと持ち帰って創作に抽出していこうかと。。

お店に遊びに来てくれたみなさんありがとうございました。


さどぅ
| 注染手ぬぐい | 04:29 | comments(2) | trackbacks(0) |