PROFILE
名前
仕事:注染で手ぬぐいを染めてます。天然染料のみ使用。
http://www.shigusa.net/
ツイッター始めました。
(お気軽にフォローどうぞ)
http://twitter.com/shigusa_sadoo
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    sadoo (10/08)
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    アマガイ (08/04)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    さど (04/25)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    岡本 憲典 (10/03)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    さど (09/10)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    せどぅ (09/07)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    仕草 さど (07/09)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    みやじま (07/09)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    sadoo (03/05)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    ゆうき (03/03)
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
OTHERS

は ん 農 は ん 染

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
二月の催しごと。
今年も一月すぎましたね。
良いスタートをきるためにもここは一つ気を立て直していきたい所。

仕草は明日2月4日、浅草のライオンさんにおります。
友人たちが企画するチャリティーイベント「&フェスタ」に参加するため。

チラシはこんな感じです。




もと、銀行だったかを今は撮影スタジオやイベント会場として活用されている
とても小気味の良い建物です。こちらに建物の詳細が→another day

そして催しの詳細はこちら→「&フェスタvol.2」@浅草・ライオン



今月、もう一つ面白げな催し、「スワいち」をご紹介。
その名の通り諏訪湖周辺の地域を楽しむためのイベントです。

ただいま、富士見町という場所に住居を移動中の仕草なんですが、
さっそく地域の催しに誘って頂きました。
ものすごいエネルギーが結集して出来上がっているイベントだなぁと、
ハタから見ていても分かります。

展示はさせて頂きますが、イベントを楽しみたいなぁとそんな気持ちでいます。

詳細はこちら→スワいちwebサイト





そして明日は震災直後の気持ちをもう一度思い出しながら、
一日を過ごせたらなんて思っています。


shigusa
さど
| 仕草ノート | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
shigusa と yuruyuru の 関西、出店の旅
12月3日からyuruyuruゆっきーさんと関西のクラフトフェアーや手づくり市を巡るツアーを企画しました。しろいタウンエースに2店舗分の荷物と修学旅行のようなドキドキを詰め込んで京都、大阪、神戸をまわります。


--日程--------------------------------------------------------------------------------

12.3(土)、4(日)
やしろステラパーククラフトフェア

12.8(木)
因幡薬師手作り市

12.10(土)
湊川公園アート市

12.11(日)
枚方宿くらわんか五六市

12.15(木)
百万遍手作り市(予定)


こんな日程になっておりますので、ちょうどその日こんな催しがある!や、近いから泊まりにおいでっや、ブログ見て来ちゃったなどなど、いろいろ歓迎しております。

-------------------------------------------------------------------------------------


くれぐれも遊びすぎぬようにと思うのですが、そんなそばからどこに行こうか調べております。関西を満喫できそうな半月におよぶ今回のツアー、たくさん値切られるんだろーなぁ。いろいろ失敗するんだろーなぁ。旅で起こること、出会う人やら場所やら、思うだけでワクワクしますね。

それでは西でお会いしましょう。



shigusa
さどかっちゃん


| 仕草ノート | 22:43 | comments(3) | trackbacks(0) |
今年最後の「注染」でした。
今日は、仕事納めではないけれど注染の作業自体は今年最後の日になりました。
しばらく使わない仕事道具をキレイにしたり、また使うときにコンディションを保つ為、いろいろと片付けをしました。今シーズンもたくさん手ぬぐいを染めさせてもらいました。ありがとう。



昨日、最後の7反を糊付けしました。


今年は震災の影響もあって、いつも以上にあっとゆーまに過ぎ去った気がします。
寒さの影響で作業に支障がでるため12月までがリミット。春まで出来ることをするしかありません。
こんな風にオン、オフがあるのも気持ちの切り替えになって良いものだと思います。
来春また、手ぬぐいを持って皆さんとお会いできるまで、いろいろと暖めている考えを形にしたいな〜と、冬の過ごし方を考えています。



今年最後の型染めは「フクジュソウの黄色」でした。



shigusaのサイトやこのブログで冬の展開や妄想をつづっていきますので宜しくお願いいします。


shigusa
さど
| 仕草ノート | 18:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
益子ライフ
遅くなってしまいましたが、秋の益子陶器市行ってきました。のご報告。


毎年、年2回お世話になっている(春と秋)益子陶器市へ。
そう、陶器だけじゃない益子陶器市です。しっぽう、似顔絵、シルバー、多肉植物、いろいろあってウロウロするにはもってこいのイヴェント。それにしても開催エリアは広大なので無意味にウロウロすると疲れはてますが。


毎回、5日間から10日間は開催される長丁場のイベントということもあり以前に制作したジーンズやらTシャツなども詰めこみました。そして、いつもの品揃えとちょっと違うものがあります、一応陶器市限定。B級品ボックス。
shigusaの手ぬぐいの一軍落ちした子たちなんですが、、均一性にかけるものや汚れがついたもので、よく染まってるモノも多い子たちなんです。こんな個性的な一品もセール品としてならべています。



出店している見目さん(土空間)の様子です。



手ぬぐいもライトアプ。



出店後記
秋の陶器市はいつも寒いので防寒対策していったのに、異常気象で暖かい益子。
そんな気候に油断したのか、おなかを出して寝たら初日からおもいっきり風邪をひいてしまいました、、。

今回の益子にはいつもの出店仲間も合流して楽しみにしていたのに、そうそうに寝込み残念な結果に。。ホッカイロを張ってインド毛布ぐるぐる巻いて、ふーふー言いながら店頭に出勤の数日間。近くの出店者さんにうつさなかったのが、せめてもの救いでした。

毎回、この地で会える方、遠方から足を運んでくださる方、楽しい時間を毎度ありがとうございます。



shigusa
さどぅ a.k.a かっちゃん
| 仕草ノート | 06:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
長谷寺秋分祭
秋分の日にあわせて、長野県千曲市の長谷寺にて秋分祭がひらかれます。

秋分は昔から、秋の豊作をお祝いする日だそう。
すっかりお彼岸のイメージを持っていましたが、ご先祖を供養することと、豊作をお祝いすること同時にできる日だなんて、なんだか忙しいですが、生と死の両方。まさにその、はざまで生きていることを考えたり、祝う日じゃありませんか。


お祭の内容は、そんな秋分の日にふさわしく、ジャンボ大盛り。
祈り、学び、遊び、様々なワークが含まれます!!





詳しくは、サイトをチェックチェックしてください。
http://hassewalk923.jimdo.com/

僕たちshigusaは千葉へ出店に行ったときの出会いがキッカケとなり、会場のデコレーションと出店という形で参加させて頂くことになりました。

会場を彩る布を染色作家さんたち皆で染め、飾る予定です。
秋分を楽しみましょーー。
| 仕草ノート | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
基本の草木染め - 大判風呂敷 −
注染による型染めがメインのshigusaですが、たまにはオーソドックスな草木染め(浸し染め)もします。婚礼のお返しに風呂敷をと、ご注文を受けたまわりました。


まずは染料となる茜を煮出します。メガネをギラつかせながら。(この後の予想外の重労働をまだ知らないさどぅ氏)



8番くらいまでは染料をとれる茜。はじめの内は黄味が強く濁りのある赤ですが、3番、4番と煮出すうちに澄んだ赤に。今回は3番まで採って、残しておいた茜を再度煮出し、4番、5番の染液を使い染色を行いました。



ザブザブ、バシャバシャと大判風呂敷を染液へ。



大きな布を染める作業はなかなかの重労働、、。腰にかなりのダメージを受けながら、ムラにならないよう布を泳がせます。二回言いますが、大きな布を染める作業は重労働ですっ!!大変危険ですっ!最終的には背筋がヒクヒクしちゃいます。腰に爆弾を抱えてる方にはオススメしません。

写真右は媒染後の明るく発色した状態。キレイなピンク色に染まりました。
江戸時代の色名では鴇色(ときいろ)が近いでしょうか。鴇色の由来は、鴇の風切羽が淡紅色で、そこから生じたそう。平安時代には鴇の異名「桃花鳥」が色名だった。鴇色となったのは江戸時代に入ってからのようです。当時高価なものは紅花で染められました。



こうやって浸して染める作業を繰り返して行うと、植物の色を布に移していることを強く実感できます。というのも僕自身、草木染めに出会って最初に行ったのが、この浸し染めだったから。なんだか初心に帰った気分で、新鮮な気持ちになりました。

この後は、この布にベン柄で型染めをします。


shigusa
さどぅ
| 仕草ノート | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
カフェと手ぬぐい 植物の色 展

クリックで拡大表示


8/1
7月31日で個展終了しました。
お店に足を運んでくださった方々、本当にありがとうございます。
最終2日の滞在中も楽しくおしゃべりさせて頂きました。

また、お会いできるためにも、新作など染色活動がんばってゆきたいと思っています。


カフェ営業中。右はデザイン担当の風さま。


準備の様子やら詳細など、少しずつ書いてゆきます。
曜日代わりのカフェが楽しめるウナカメラリーベラさんで展示させて頂きます。

7/30
おはようございます。
今日(30日)明日(31日)と中野のウナカメラリーベラに滞在しています。
カフェでゆっくりとお客さんと接することができたら嬉しいです。

そして、30日夜は「暮らし方と働き方を作り出す」というトークイベントに参加します。
田舎に移り住み染物を生業としていること、どんな風に生活を送っているのか具体的なお話になりそうです。緊張してしまいますが、楽しくおしゃべりできればなぁ。そー思っています。



7/26
今日から個展はじまりました。
昨日展示を済ませて、さっき東京から帰ってきたところです。


額に納められたfucoちゃんの新作です。




7/21
個展に向けて、型紙を使ったポストカードを作りました。
手ぬぐいをデザインする前に考えた漫画のようなお話を詩にしてそえています。





7/22
26日から始まる個展の準備中。
カフェの壁に飾るための手ぬぐい額を制作しています。



手ぬぐいを入れてみて無垢のままか何か色をつけようか迷っています。
写真は、留型定規を使って45度切りをした額縁と、ビニール紐を使って
圧着しているところです。




カフェ店内に型紙から飛び出した、メジロだかウグイスだかわからない
4羽の鳥を飛ばそうと、モビールをつくりました。(写真右)



左はfucoちゃん意匠の新作です。「人魚と竪琴」お楽しみに!!


| 仕草ノート | 23:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
注染見学会。
shigusaさどぅです。

今月はじめ、ご注文頂いた型染めの染色工程をご覧になりたいとのことで、
数名お客様も招いて注染見学会をしました。


お客さんを招いて糊付けから染めまで一連の流れを通して行うのは初めて、
いつもやっていることなのに、動きがカクカクしちゃいました。








糊付け(板場)、染色(紺屋)の工程。囲まれて片言に。。



お客さんとお話していると、植物染めに興味のある方が意外と多い。型染めとなると、少しハードルが高いと思われがちですが、特に器用とゆうわけでもない僕がやっているんだし、、誰でも出来るはず。注染を気軽にできるキットなんかをご提供できたらなぁなんて思いました。いずれ。





淡々とした染色工程に付き合ってもらいって、やっと染め上がり。(実はちょっと柄がつぶれてしまい、いまいちな上がりに)
ご注文頂いたお客さんを前にリアルにへこむとゆう残念な空気を演出してしまいました;;




左は、今回オーダーで制作した亀のモチーフ。
右、おやつタイムに頂いた小玉スイカ!!

みなさんお土産を持って来てくださり、おしゃべりしながら美味しく頂きました。


今回ご注文頂いたpoco*ricoさんです。
http://pocorico.com/
今回染めた生地で座布やアイピローを制作されるそうです。実に楽しみです!





今年の夏は制作に力を注いでいるshigusa
今後の展示などの予定は↓

・工房暖簾 「手ぬぐいコレクション」 (7.16-7.17)
小規模でものづくりをされている工房を応援してくださっているネットGalleryショップ、工房暖簾さんです。上記の期間中、手ぬぐいを扱って頂きます。

・OSHINO DEAD 2010 (7.16-7.18)
二泊三日、野外キャンプインのデッドヘッズが多く集まるお祭です。自由の精神がながれる野外フェス。

・カフェと手ぬぐい 植物の色 展 (7.26-7.31)
初の個展です。春と夏をテーマにした新作手ぬぐいや注染に使う道具、型紙などを展示します。30日、土曜日には、カフェわくるさんが企画するトークイベント”暮らし方と働き方を作り出す”に参加させて頂きます。


shigusa
さどぅ
| 仕草ノート | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
各地のアースデイ&支援いろいろ
こつこつと手仕事しています。

日々、目の前のコト、自分に出来ることをエンジョイしよ〜う。
むしろ、しなければならないっ!という体で。


今月末から来月あたまにかけて各地でアースデイが開催されます。
どこの会場でも震災の支援、エネルギーシフトのことがテーマになりそう。

みんなが意識の高い今、情報の広い共有、そして具体的なアクションを起こしていけたらなぁと。


そんなキッカケの日となるアースデイが僕の住む長野、佐久地域でも行われます。今年は参加者も多く実行委員の方たちが、がんばってくれています!お近くの方は是非いらして下さい。


アースデイin佐久
日時:2011年4月23日
場所:佐久平駅近く、佐久市ミレニアムパーク
当日shigusaはチャリティー手ぬぐいの販売と被災地に届ける古本を募集します。詳細は下


アースデイ東京 2011
日時:2011年4月23、24日
場所:代々木公園


アースデイ原村 2011
日時:2011年5月3日
場所:八ヶ岳自然文化園


その他にも、23日(アースデイin佐久とかぶってるんですが)
友人がチャリティーイベント「&フェスタ」を行います。
このイベントでは支援物資のほか、「虹たね文庫」というプロジェクトがあり
古本に名前とメッセージを書いて現地に送り、読んだ人がさらに名前を書いて次の人にまわすことで、本が東北を旅するという試みです。本、漫画、絵本など持ち寄って下さい。

僕らはイベントには行けませんが、アースデイin佐久の出店で
この「虹たね文庫」の本を募集してみようと思います。

そして、アースデイin佐久でこちらの手ぬぐいをチャリティーで


この手ぬぐいは青森で反原発の活動をされている「peace land」さんのデザインを染めたもの。


義援金の募金もいろんな団体があると思います。
赤十字などの大規模な義援金は即効性にかけるなど問題点もあると思うので現地で直接支援を行っている団体などへの寄付などもよいのではないかと思います。

shigusaで支援したいなぁと思ったのですが、被災地でソーラーパネルの独立型電源を設置している「ソーラーのらや」さん。
佐久のアースデイにも来られるのでお話を聞いてみようと思っています。

のらやさんのソーラー支援プロジェクト



shigusaはアースデイをかわきりに「災害復興がんばろう」春の益子陶器市まで出店活動です。いつもとはちょっと違う春だけど、余計にはりきって行こう思います☆


shigusa
さどぅ
| 仕草ノート | 19:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
益子、陶器市へ。
今年も行ってきました、陶器市。

今回、土空間という素敵なスペースにお店をださせて頂き、
いろいろな作家さんと共に空間創りをしました。

テントを設営し、野外でお店を出すことに慣れてしまっている僕ら、
屋根と壁のある空間にちょっとぎこちない動きをする、、。
白く塗られた壁にとても手ぬぐいが栄えるなぁと関心。文明です。







仕草の反物を使ったシャツが新しく登場。
ツクリバナシという作家さんとコラボで作りました。
これから、いろいろ新展開しますよ〜。




便利な手ぬぐいの使い方を紹介。
最終日になってこの展示を思いつきやったら、
なんで最初からやらなかったの??とたくさんダメ出しを頂きました;;

まだまだ、手ぬぐいって何に使うのという声をよく聞きます。
ただ、一枚の布という便利さを伝えていけたらな。




左は土空間の中、右は外(入り口)の様子です。
毎年、お客さんとして素敵だな〜と覗いていた空間。
仕草も参加し、そこに少しだけ色をそえられたでしょうか。

出店者さんも皆ユニークな人たちでワイワイと五日間過ごせました。
楽しくて、色んな意味で刺激的な五日間だったので、
長野に帰ってまず食べたのがお茶漬けでした。

翌、一日はコタツに入って夫婦でぼーっとするという癒しのひと時。
あぁ、何も考えない時間、ときどき必要です。





この後は今年最後の出店、Forest Jam Grandeを残すのみ。
これが終わったら手ぬぐいの型染めは3月までオフシーズンに入ります。


秋のキャンプを楽しみたい方は、ぜひぜひ千葉県、外房のNAKADAKI ART VILLAGE
今年最後の野外フェスで遊びましょう☆

shigusa
さどぅ
| 仕草ノート | 19:45 | comments(4) | trackbacks(0) |