PROFILE
名前
仕事:注染で手ぬぐいを染めてます。天然染料のみ使用。
http://www.shigusa.net/
ツイッター始めました。
(お気軽にフォローどうぞ)
http://twitter.com/shigusa_sadoo
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    sadoo (10/08)
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    アマガイ (08/04)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    さど (04/25)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    岡本 憲典 (10/03)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    さど (09/10)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    せどぅ (09/07)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    仕草 さど (07/09)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    みやじま (07/09)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    sadoo (03/05)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    ゆうき (03/03)
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
OTHERS

は ん 農 は ん 染

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<< 西荻さんぽ | main | 北欧・フィンランドの生活デザインと文化展 >>
染料植物を育てよう。
染料植物なんていうと植物になんだか失礼な気もしますが染色に使う植物を育ててみることにしました。植物は日本茜と蓼藍です。

左が茜、右が藍。



僕らにとって日本茜はまだ未知の植物でして染めたこともなければ、もちろん育てたこともありません。噂では染めるのに相当な量が必要とか、染液の抽出もすごく大変とか、手間のかかる情報ばかり;;しかししかし日本の伝統的な染料!是非育ててみたいのです。実際にやってみなければ分からないというのも本音なんですが。蓼藍に関しては昨年、試験的に育てたのと、先人たちの現場を見学させていただいたりと、こちらは少しだけ想像できます。今年は沈殿藍をつくってみようともくろんでおります。





日本茜は生長すると独特の臭気を放出?するらしく、これは作物の動物被害の対策になるのではと作付けする敷地の外周を茜で囲うことにしました。(写真後ろのトラクターはご近所さん)


仕草
小屋長 さどぅ
| 半農 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://hannohanx.shigusa.net/trackback/1212788