PROFILE
名前
仕事:注染で手ぬぐいを染めてます。天然染料のみ使用。
http://www.shigusa.net/
ツイッター始めました。
(お気軽にフォローどうぞ)
http://twitter.com/shigusa_sadoo
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    sadoo (10/08)
  • 手ぬぐいとガラスの企画展 「盛夏の色」 @ 神楽坂 暮らす。さん
    アマガイ (08/04)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    さど (04/25)
  • pooolさんの企画展 「手の先の道具 vol.02」
    岡本 憲典 (10/03)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    さど (09/10)
  • 「神楽坂 暮らす。」さん 矢来町手ぬぐい店
    せどぅ (09/07)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    仕草 さど (07/09)
  • 吉祥寺の「麻よしやす」さんで展示。
    みやじま (07/09)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    sadoo (03/05)
  • 反物の張り場づくり”庭木をナメック化”
    ゆうき (03/03)
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
OTHERS

は ん 農 は ん 染

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「しんきょ」 平屋を改装しています。
昨年からゆっくりなペースで、家の改装をしている。

場所は長野県の富士見町。
築40年の昭和平屋。


床を上げたり、屋根裏に入ってみると、
意外とペラペラした造りにおどりいた。
でもペラペラの割りには傷みも少ないし、
経年変化した本物の古民家に比べたら気密性だっていい方。


今は私物をなるべく持ち込まない状態で、
0から自分たちの好きな空間を作れる楽しさを味わっています。









生活に必須な3部屋の壁をだいたい塗り終える。キチン・寝室・居間



フローリングにする居間の床。
ここの断熱に無い知恵をしぼります。(ローコストにロ〜コストに)




畳をはがすと現れた、隙間だらけの板材、、。
その上に、登山などで体温を保つために使われるサバイバルシート、
これを敷き詰め気密性を高めつつ、結露防止と断熱にニードルフェルトを
さらに上から。タッカーでしっかり密着させる。

サバイバルシートの色なんですが、なんと表がゴールド、裏がシルバー。。
せっかくなので黄金に輝く床でゴージャスな気分を味わいながら作業。


写真左はガラス窓の模様。かわいい。





家の庭には小さな小川が流れています。

来月から、本格的に住みながらの作業になりそう。
次のお題はお風呂とトイレ。



shigusa
さど
| つれづれ | 19:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
今年も宜しくお願いします。
遅れましたが新年のご挨拶。

昨年も多くの方たちに支えられて乗り切ることができたように思います。
難しい問題が多い世の中、とにかく楽しむことを忘れないで過ごしていきたい。


お年賀



今年もマイペースで仕草の活動をやっていきたいと思っております。
2012年春には住居の移動、第一子の誕生、お仕事的な部分での挑戦と明確な予定からボンヤリした計画までやっぱりモリだくさん、、。






基本的にはあまり計画をたてられない人間なので、ザックリ決めて後は目の前のことを!
イレギュラーは大歓迎という感じでやっていきたいと思っています。


どうぞ宜しくお願い致します。




先日訪れた、小出裕章さんの講演会での様子。
ふく君と、しまちゃんの歌。


shigusa
さど
| つれづれ | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
今と未来を生きるお祭
たったいま、土と平和の祭典を終え長野に帰ってきました。

今年は本当に小さなコミュニティーや一部の仲間にとどまらない、垣根の無いお祭をたくさん見てきたように思います。エネルギーのことも食のことも、今を生きる自分や、未来の子供たち自身の問題だからみんな本気です。

技術と精神の向上の両方が必要で、こーゆーお祭が精神性や情報を共有できる場で、みんなに開かれていることの大切さをしみじみと感じています。


複雑な問題が多く皆が、ひとつになることが不可能なように感じられることも、ゆっくりゆっくり変わって行くんだと思います。歩き続けさえすれば。大切なのは一歩でも半歩でも前に進み続けることなんだと思っています。


shigusa
さどぅ a.k.a かっちゃん
| つれづれ | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬場の仕事で妄想行進曲
ここ長野で三度目の冬を迎えようとしています。
農閑期に出稼ぎにでる、半農を行う人たちのように僕らの染色も12月から春までは染色作業ができないため冬場の収入が不安定。アルバイトなど短期的に雇用を求めることが、かなり現実的ですが染色と同じように自分の好きなことで冬を乗り越えることができたらステキだなぁと妄想に火がついてしまいました。


どんな妄想かというと、、。
先日、村にあるダムへ流木を拾いにいって、肌触りに着目し「ドアのぶ」なんてどうだろうと。新進気鋭の「ドアのぶ作家」として脚光をあびてやろうとか。

昔、志した「マンガ家」への道をもう一度。今なら人に光を与えられるストーリーが描けるとウソぶいたり。

もう少し現実的なところだと、最近はまってる珈琲の焙煎も活かしてカフェのオーナー。


しかし現時点では準備期間がほとんど無い中で結果が求められているのです、、。
どれも、しっかり準備と根気が必要そうなモノばっか、、、。



そーやって妄想の扉をどんどん開いてゆくと、どんどん非現実的な空間に迷いこんでしまうもので、今いる部屋は音楽室です。近頃ギターが面白く、はたっと気がつくとワンマンステージに立っていたりします。実際にギターを手にしているので妄想界にどっぷりとゆーわけでは無いにしても、冬の仕事のことを考えねば;;今年も10月!もう年末です、、。確定申告も迫ってるのに帳簿にはいっさい手を付けていない、、。


ささ、妄想行進曲は一時停止しまして、明日から関東地方へ。
日曜には日比谷公園で「土と平和の祭典」というイベントに出店してきます。
小さい竹テントなので雨が心配ですが楽しんできたいと思います。




shigusa
さどぅ(かっちゃん)
| つれづれ | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
珈琲タイムにしよう。
朝、食器を洗いながらお湯を沸かして、珈琲を入れました。



生豆を買ってきて自分で焙煎しだして以来、すっかり珈琲の香りにとりつかれてしまい、珈琲は香りかおり、とは聞いていたけど本当にそうだなぁと、ここにきてやっと腑に落ちる。


珈琲の香りをいっそう引き立ててくれるスイーツってありますね。
チョコとかマロンとか。
ここは根っからのスイーター、スイーツも作ってみることに。










ビギナーズラックで偶然うまくできたマカロンと二度目に作ったらただのクッキー風になってしまったマカロンです。


カップの底に少しだけ珈琲を残して今日も染物はじめます。




お湯を注いで珈琲を淹れる作業と
染料を注いで染める「注染」なんだか縁を感じずにはいられません。

珈琲を注いで染めた「珈琲タイム」って柄の手ぬぐいも。






作業の合間、気が向いた時に、また香りの世界へいこう。
コップの底に少しだけ残った珈琲を一口ふくんで。


shigusa
さどぅ
| つれづれ | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
お花満開です。春だから感じられるものを体感しよう。
shigusa さどぅです。

家の庭にもてふてふ(蝶)が飛ぶ陽気になりました。
真っ赤なボケの花も満開、家の裏には真っ白な雪柳。
紅白でなんだか縁起がいいです。

そんな花の写真をななち(嫁)が撮ってくれたので、いくつかのっけますね。長野(佐久地方)の春はただ今こんな感じ。











なかなかの写真ごころ。


そんな、春を楽しめるイベントを二つご紹介。
山梨県周辺の方!とくにチェックです。


essence of life #1

・日時:2011年5月10日21、22日(土、日)
・場所:キャンピカ明野ふれあいの里 (山梨県北杜市明野)

Chu-Buru-DECOさんがオーガナイズする野外音楽イベントです。
音楽・芸術・美味しいものとクラフトマーケット。
落ち着いた空気感と冒険心が共存するよーなアーティスト、パフォーマーのラインナップ!春を体感しながら気持ち良く過ごしましょう!


花ノ音

・日時:2011年6月5日(日)
・場所:養老酒造 酒蔵櫂 (山梨県山梨市北567)

お花と音楽のイベントです。八ヶ岳マルシェでお世話になっている宮坂ファームさんとのご縁で参加させて頂くことになりました。お花農家さんが大勢集まるみたいなので、会場に行くのがとても楽しみです。季節の花々に囲まれて出店。鼻孔が開きっぱなしの予感。


shigusa
さどぅ
| つれづれ | 13:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
4.10 震災後の意思表示を!
明日、選挙ですね。

東京都知事選をはじめ、これまでに無いくらいの注目度の高さを感じます。エネルギー政策への考え方は原発反対といっても候補者一人ひとり違います。

下記サイトで原発に対する質問を候補者にしています。東京都民の方は参考にしてください!!

http://www.webdice.jp/dice/detail/2998/

僕らの無関心が今の状況を産んでしまった側面もあるんでしょうから。。ちゃんと一票を投じていきたいと思います。



そして、明日は各地でデモ。

4.10反原発デモ

東京、原発やめろデモ!!浜岡原発すぐ止めて!、(高円寺・芝公園)・鎌倉(鎌倉駅西口時計台前)・名古屋(ナゴヤ栄の噴水前)・富山(富山駅前CICビル前 )・広島(中国電力前)・熊本(阿蘇郡高森町上色見阿蘇フォークスクール)・沖縄(那覇市県庁前広場)・札幌 原発やめて。札幌デモ。(大通公園)


ミュージシャンたちもどんどん発信をしています。

「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ


斉藤和義 ずっとウソだった



前回の、ブログで鎌仲ひとみ監督のトークの内容に触れると書いたんですが辞めました。深刻な状況はもう、みんな知っているし、これ以上僕が深刻さをモンモンと書くことないかなって。


放射能は怖いし対策はしなくちゃならない。
でも、確率的な話を言えば、くよくよ、めそめそして心を暗ぁ〜くしていることの方が、ずっと体に悪いんじゃないかなぁって思います。怖がってばかりいた自分に今さらながら気づきました。


震災にあわれた方たち、現地に行ってるボランティアの人たち、復興にたずさわる全ての人たち、募金活動などの日本全国からの支援、ぜーーーんぶ尊敬しています!!


shigusa
さどぅ
| つれづれ | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
みんなに知ってもらって、みんなに判断してもらいたい(2)
昨日、3月26日。長野県佐久市で「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会。
鎌仲ひとみ監督のトークを聞いてきました。

これから長期間、向き合わなければいけない放射能、原発のこと。
いろいろ聞くことができました。こちらの内容は次回書こうと思います。

今、紹介したいのは、
本日東京で大規模な反原発デモが行われること。

原子力発電はもういらないと思う一人として、
参加したいところですが、お近くの人たちに託したいと思います。


以下引用

ドイツ25万人反原発デモ 東京本27日銀座でデモ
「福島にチェルノブイリ、もうたくさん!」デモのシュプレヒコールで
ドイツで反原子力発電所のデモが26日行われた。
ドイツでは、国内にある17基の原発のうち、
稼働年数の長い8基をすでに一時停止させている。

東京では27日(日)「原発もプルトニウムも再処理工場もいらない」
銀座デモが行われる。

集合時間:13:45
出発時間: 14:00
集合場所:銀座・水谷橋公園(ホテル西洋銀座・テアトル東京のとなり…
地下鉄「銀座一丁目駅」または「京橋駅」下車数分)
場所http://maps.google.co.jp/maps?...

ドイツで原発廃止デモ 25万人参加
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4684718.html


| つれづれ | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
みんなに知ってもらって、みんなに判断してもらいたい(1)
福島第一原発の事故について
テレビ、ラジオで流れている情報。
インターネットで流れている情報。

その違い、温度差みたいなものに違和感を感じている方も多いと思います。でもその両方をしっかり受け止めて、一人ひとりに判断して欲しいと思っています。

テレビ、ラジオについては多くの方が視聴できていると思うので、
ネットでの情報を紹介します。



田中優さん
関東東北大震災-原発について-


2011.3.23
広瀬隆さん、広河隆一さん
緊急報告「福島原発で何が起きているのか」




不安をあおることを極端に避けた情報が多いですが、
これを読んで不安で当たり前なんだと思いました。

2011.3.21
村松恒平さん
「不安であることの正しさについて」


テレビの動画ですが、ドイツのデモの様子です。



観て、知って。僕らの使うエネルギーのあり方。僕らの望むエネルギーの作り方をみんなで考えたいです。
| つれづれ | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ミツバチの羽音と地球の回転」--原発のこと--
先日「ミツバチの羽音と地球の回転」という日本の原子力発電に関するドキュメンタリー映画を観ました。僕は電気を使わない暮らしなんて、ほぼ考えられません、多くの人がそーだと思います。だから皆のお話です。

公共事業として、事実上ひとつの企業によって独占されている状況の日本の電力供給。その企業が推し進めてるのが原子力発電です。


反核という言葉は誰でも一度は聞いたことがあるかもしれません。

何十年も前から戦ってる人たちがいます。原子力発電の怖さやリスクを訴える人たちです。(事実、米スリーマイル島の原発事故や旧ソ連チェルノブイリ原発事故、国内での東海村JCO臨界事故や新潟県中越沖地震に伴う柏崎原発での一連の事故など実際に起こった事故を上げれば切がないほど、、)


一方、原子力発電を勧める電力会社がいます。これらの事故を起こしていても、原発の安全性を主張。そして、原子力発電の必要性を次のように訴えています。

今後も電力消費の増加が見込まれる中、石油などの天然資源の枯渇が世界的に深刻な問題となっています。原子力は、化石燃料と比較してもわずかな量で大量に発電することができ、CO2(二酸化炭素)の排出量も少ない、地球に優しいエネルギーなのです。

正直突っ込みどころ満載です、、。日本の人口は減っているのに電力消費が増える、、オール電化など全くの自作自演;


こういったお互いの言い分を、鎌仲ひとみ監督は「ヒバクシャ 世界の終わりに」、「六ヶ所村ラプソディー」、「ミツバチの羽音と地球の回転」の三作で伝えてきています。作品を観ることで皆に判断して欲しいです。


まずは、フラットに見つめたい。

原発のリスク。原発以外のクリーンな発電があること。その技術があり諸外国ではすでに行われていること。(発電の割合として日本はまだまだ少ない)
でも、今の日本では原発で作られた電気を多く使わざる終えない。(僕らに選択権がない;)電力自由化は電力会社に都合よく段階的に進められている。(2013年に小売自由化範囲の拡大について改正があるみたいです。大期待!!)

いまは、本当に公平な状況ではなく原発推進の原動力はほぼ政治的なものとしか思えません。(事実、電力会社出身の国会議員は与野党ともに多いらしいです)


電力自由化がさらに進み、いろんな電力を個人で選べるようになり、クリーンエネルギーの市場ができることが、この問題の解決策なんだと思います。近い将来、燃料電池や自然エネルギーをいかした電気で生活できるようになることを信じてやみません。




上関原発を建てさせない 祝島島民の会
http://shimabito.net/

電力会社の主張(原発の必要性)
http://www.chuden.co.jp/energy/nuclear/hitsuyosei/index.html

電力自由化について(三菱電機)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/shoene/kouza/vol04/index01.html

期待される新しいエネルギー(R水素ネットワーク)
http://rh2.org/


参考までに!!

あぁ、、このテーマちょっと重いので胃が痛くなります、、。
善も悪も右も左も表裏一体、基本的にどちらかが全面的に正しくて、どちらかが全面的に間違ってるなんてことがあるだろーか、、。とも思ったりする。ある意味、電力会社の社員も被害者のようにも見えるのです。


さどぅ
| つれづれ | 09:21 | comments(2) | trackbacks(0) |